HOME>注目記事>借り暮らしでも自分らしい暮らしを作り出せる

保険加入という強み

住宅模型とお金

賃貸住まいを高円寺エリアで考えるなら、入居後に不具合が見つかったときの対応も考えているでしょうか。一般的には、3ヶ月点検や1年点検を行いますが、賃貸住まいなら「いつまで住むか」分からないものです。点検の期間を定めず、相談すればいつでも駆けつけてくれるところもあることを知っておきましょう。それが、不動産会社であれ、リノベーション会社であれ、管理会社であれ変わりません。万が一の際に、どんなフォロー体制を整えているのか、契約前に確認させてくれるのも安心感に繋がってきます。任意で「リフォーム瑕疵保険」に加入しているところもあります。こうした保険加入していれば、万が一の際の保証な確実ですから、頭に入れておきましょう。

リノベーションをしてみる

高円寺エリアでの賃貸物件の大半は、新築ではなく、中古物件ですから、購入となれば手頃な価格が魅力で、不動産投資目的で手に入れ、満室とする目的でリノベーションを施すことで人に貸すことがあります。様々な制約があるのがマンションで、設計の自由度にも影響を与えるので、それらをクリアするために設計・施工の依頼先が本領を発揮する仕組みです。経験値と提案力という質の高いサービスがウリであるのは、建築家が主宰する設計事務所や間取り変更を手がけるリノベーション会社になります。特に、間取りを一からプランし直すスケルトン施工のプラン提案に長けたパートナーとなるようです。

内装まで手がける

賃貸マンションを貸すにしても、入居者が気に入るお部屋でなければならず、借り手もプチリフォームが行えるため、自分らしさを叶える仕組みが成り立ちます。そのサービスでは、ワンストップという高円寺のリフォーム会社を利用するようです。物件探しから、工事費などのリフォームローンの契約までが可能というだけあって、借りているのに入居後の繋がりも大切にするアフターサービスもあるといいます。インテリアの提案などが一例です。

広告募集中